fc2ブログ
ゆた 火傷7日目 もっとできたことがあったのに
2012-02-06 (月) | 編集 |
火傷から1週間経ちました。
3センチくらいの水ぶくれが2つと思っていたら、先週の土曜に左腕の内側全体の皮がめくれてしまい、広い範囲の火傷だったと改めて実感。
今日の処置で先生に聞くと、火傷の程度は2度の深達性の部分もあり、痕が残るかどうかは今のところまだわからない、ということでした。
初診の内容と違うのは、火傷ってのは、すぐにはわからないものらしい。
ゆたみたいに後からわかる傷があるんだね。
あああああ、やっぱり人間ってのは慌てると判断力が鈍るのか、頭の回転が遅くなるのか、はたまた訓練不足か、今思うと「もっとああしていればよかった、こうしていればよかった。」ってことがたくさんありすぎて、ゆたに申し訳なくてへこみます。
1、そもそも、もっとゆったりと早い時間から夕飯の支度をしていればよかった。
2、味噌汁ともっとテーブルの奥に置けばよかった。
3、ゆたをハイチェアに座らせて置けばよかった。
4、目に見えた味噌汁まみれの手だけを冷やすんではなく、ちゃんとどこが濡れているか確認して、腕から全部冷やせばよかった。
5、服を脱がせてから、腕の火傷に気付いたとき、電話より先に、冷やせばよかった。
6、家の固定電話で電話せず、携帯電話で病院に電話して、冷やしてやればよかった。
7、自分で車を運転するのではなく、タクシーや救急車を呼んで、冷やしながら病院に行けばよかった。

とにかく先生の指示通り、家での処置を施すことが、今の私のできること。
湿潤療法のおかげであまり痛みが無いような感じ(しゃべれないから、痛いとか言えないから、本当のところはわからない)なのが、救いだわ。

スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: