fc2ブログ
誕生
2006-09-16 (土) | 編集 |
誕生

それは突然やってきました。
午前4時。お腹が痛い。生理痛とお腹が冷えたときを足したような感じ。足して2で割るんじゃなくて足しただけ。下腹部の前と後ろ、両方痛い。そして約15分間隔で痛くなる。こんなかんじの痛みは今まで感じたことがない!
きたーーー!!!
これが陣痛か!!
ただやっぱり初めてのことなのでまだ確信できなくてとりあえず親を起こす前にシャワーを浴びることにしました。
シャワーを浴びてる間にも痛みの間隔は短くなり「こりゃ確実だな。」と思いました。
シャワーを終えると出血までしてきてこりゃヤバい。早く準備しなきゃ。
とりあえずナプキンをあてて親を起こしました。
すでにそのとき陣痛は7分間隔になっていたので、急いで病院に電話しました。
すると「初産なのですぐには産まれないから診察時間の8時半になったら来てください。」とのこと。
そうかー、きっとそうだよねーと思いつつ、両親に「急がんでもいいよ。」と言って自分も朝食を食べ始めたんですが、なんか陣痛はすでに5分間隔になってるし、始めは「いたたたた。」って感じだった痛みも「い…いてーーー(T_T)!」くらいにまでなっている。
この状態で8時半まで待つのはキツいなと思って、トイレに入ってみるとナプキンに血液以外のなんか見たこともないモロモロ状のものがついている!なんじゃこりゃー!と思ってあわててもう一度病院に連絡して急行することに。
とりあえず竜ちゃんに「陣痛が始まった。また病院から連絡する。」と電話した。
結局6時ごろに病院到着。陣痛がかなり痛くて受付でも途中しゃべれなくなるくらいで母が車椅子を持ってきた(^_^;)。
そのまま3階産婦人科のナースステーションへ連れて行ってもらったんですが、ナースステーション、だーれもおらん。なぜ(T_T)??
しばらくして看護師さんが戻ってきた。
「ごめんなさいねー。今日はお産がたてこんでて…。」そういや先日先生が「遅れている人が多い。みんないっぺんに来たら大変だなー。」とおっしゃってたけど、やっぱそうなったのかな(^_^;)。
そんなわけで、まずは内診室へ。もうこのくらいになると陣痛がかなりきつくて、内診台にあがるのもよろよろ。そしてそのときに血液交じりの水が出てきた。
「やっぱり破水してますねー。」と助産師さん。やっぱりね。へんなモロモロは破水したから出てきたんだ。
赤ちゃんの心拍数を測る機械のベルトをつけられたけどそのあたりがすごく痛いのよね。
ここでも少し待たされてようやく先生登場。
どーにもこーにもえらい皆さん忙しそうです。
とりあえず見てもらうと子宮口はまだ2センチくらいしか開いてないらしい。
もう少し時間がかかると思うから様子を見ることに。
再び竜ちゃんに「しばらくかかりそうだから、ゆっくり来ていいよ。」と連絡を入れました。
今日は土曜だけど竜ちゃんは出勤日だったので一旦会社に行ってから病院に来ることになりました。
というわけでここで一旦病室に移動することになりました。
ここで驚くべきことが。私は前にも書いたと思いますが吐けない体質の人で、つわりのときでさえ1度も吐かなかったのに、ここで大変気分が悪くなり吐いてしまった!!
せっかく大好きな食パンを食べてきたのに全部吐いちゃったよ(T_T)(T_T)。
ほんとにたてこんでるらしく産婦人科の個室は満室、産婦人科の相部屋すら満室らしく、なんと小児科の相部屋に放り込まれてしまった。これはすごおおく予想外。
とりあえずベッドに横になってうんうんうなっていました。
でふたたび助産師さん登場でおそらく7時ごろだったんだと思いますがLDR(分娩室)に移動することに。
ここで再び吐いてしまい、ほんともう産まれてこのかた体験したことのないくらいよろよろな状態でLDRに入りました。
とにかく下腹部が痛くここでも再び赤ちゃんの心拍数を測るのにベルトをつけられたのですが我慢できんくらい痛い。
「これはずしてもらうことできないんですか〜(T_T)。」と助産師さんに聞くも「それはベルトがきついんじゃなくて赤ちゃんがそこにいるから痛いのよー。」と言われそしたらはずしてもしゃーないんか〜(T_T)と諦めました。
ベルトで締められてるのではなく、中から赤ちゃんが圧迫してる感じってことなんですね。
それにしても初産の出産にかかる時間って普通12時間とかそのくらいかかるって言うからこの時点でたぶんまだ3時間くらいしかたってない。つまりまだ9時間もこんな痛みが続くってこと?!正直ムリ!!どうしよう!!なんて思っていると助産師さんの内診によるとすでに子宮口が8センチ開いてるらしい。
「すごいですねー。超安産ですねー。」
あら、あっという間に子宮口が開いてきたのね。
とにかくいわゆる呼吸法でなんとか陣痛をのがそうとするのですが、それでもやっぱり痛いんだなーこれが。
先日散歩の途中に痛いときにいろいろ今後のこととか考えて気をそらそうなんて思ってましたがそれどころじゃない。
分娩台の手すりにしがみつきながらヒーヒー言ってる状態でした。
でそんなこんなしてる間に子宮口は9センチ、10センチと全開大にあっというまになってしまっていました。
助産師さんに「いきみたい感じはない?」と聞かれそういえばいきみたくなってきたかもとかなり鈍いあたし(^_^;)。
よくよく考えたらこんなにあっという間にお産が進んじゃったら竜介さん間にあわへんやん!!どうしようなんて思いつつ、とにかくいきんでみることに。
それまで「いきみたいってどんなかんじなんかな〜?」と思っていたのですが、なるほど、赤ちゃんがずいぶん下に下がってきているわけでこれを出したい感じがするんです。
このくらいになると陣痛が来ると同時にその「出したい」感じが伴ってやってきて「うーーーーん!!」って感じになるんですね。
あの分娩台ってのもうまくできていて、誰だったか忘れたけど、座って足上げての分娩では力が入らないって聞いてたんですが、あたしはあの体勢のほうが上手にいきめました。
助産師さんにも「じょうずですねーー。」って褒められましたよ(^_^;)。
しかし面白いのがやっぱりこのくらいになると雑誌などに書いてあるとおり、陣痛が1分おきくらいになってくるんですね。
イタイイタイ…!と思っていきんで、つ…つらい…と思っても、1分くらいするとおさまるので、その間にヒーヒーと息をつくかんじ。
もう全開大になっているんだからたぶんもうじき産まれるんだろうなと思っていても、実際自分からはどういう状況か見えないわけで、いつまでこれは続くのだ〜〜と思ってしまう。
「ちびたくん、がんばれ〜〜!!」とちびたを励ましながら、自分も頑張っていきむ。
見えないけれど、だんだん下がってきているのはわかる。
で、一番痛い瞬間がやってました。
頭がちょうど出てきた瞬間!
「イタイイタイイタイイタイ!!!!」
一瞬陣痛が遠のいて、お股に頭が挟まってる状態!!
すぐに次に陣痛が来て、たまらずいきんだ瞬間に、
「ずるん!」
という感覚とともにちびたくんは産まれてきたのです。
今まで痛かったのがうそのような、爽快感…これはなんだ??(^_^;)
ぶっちゃけ、気持ちいい…。
8時36分。
そうこう思っている間に、ちびたくんは元気に泣き出しました。
「うわ〜ん、うわ〜ん!!」
あれ、赤ちゃんって普通、ホギャーホギャーッて泣くよね、ちびたくんはうわ〜んって泣いてるぞ。
赤ちゃんぽくないなあなんて内心思いながら、元気に生まれてきたことがわかって、うれしかったです。
すぐに胸元にちびたくんがつれてこられました。
まだへその緒も血もついていて、生まれてくるときに狭いところを通ってきたせいでついた傷もあったけれど、思っていたより男前なんちゃうん?!というのが第1印象でした。
その後私の産後の処理をされている間に隣の部屋でちびたは身体測定。
体重計のデジタル表示が見えました。
3…3715…???
めちゃめちゃでかないか…???
産まれた瞬間に母も助産師さんも「大きい赤ちゃんやねー。」と言っていたっけ。
そのときは生まれたばっかりの赤ちゃんをあまり見たこともないし「そうなんかな〜??」と思っていたけど、やっぱり大きい…(^_^;)。
あと、頭も大きいらしい。
頭囲が37センチ!
母子手帳の成長曲線の帯からはるか上に飛び出してる…\(◎o◎)/!
確かに生まれる前からエコーで見てもで大きそうでした。
頭の大きさや胴体の太さで予定日が計算されて出てくるけれど、8月末くらいから頭が大きすぎて予定日を過ぎてる計算になって、予定日でなかったもんな…。
助産師さん曰く「頭が出てきたけれど、あれ、まだ頭?まだ頭?ってかんじだった。」んだって(T▽T)。
何はともあれ、元気に生まれてきてくれてありがとう。
ちなみに産後の処理ですが、赤ちゃんが出てきた後、後陣痛があって胎盤が出てくるはずですが、私はちびたが気になってちびたのことばかり見ていたので、後陣痛にも胎盤が出てきたことにも気付きませんでした(^_^;)。
ほんとに全く気付かなかったのです。
出産直後から助産師さんや先生とべらべらしゃべっていて、超元気だったのですが気付くと先生が会陰縫合してました。
ちなみに私は裂けちゃったそうです(@_@;)。
痛いと思ったよ…麻酔して切るって聞いてたのに…。
私のお産は結局4時間半の超安産。
出産中は痛くて結構ヒーヒー言ってるつもりだったけれど、助産師さんには「余裕ですね〜。」と言われたので、他のお母さんはもっともっとスゴイんだな(^_^;)。
2時間ほどLDRでおとなしくしていないといけないらしいので、じっと寝ていましたが、いざ病室に帰るのに立ち上がろうとすると、た…立てない!!
腰がふらふらになって、立てなかった…。
一旦トイレに行こうにもその後全然動けなくて大変時間がかかってしまいました。
LDRを出る前に、小児科の先生が来てくれて、B型肝炎のワクチンの説明とワクチンの接種をしました。
これがあるのよね、ちびたくんには…。
でも生まれたときからわかっていて、ちゃんと処置をしておくから大丈夫。
そういえば陣痛時からLDRでずっと付き添っていてくれた母は、いきみだしてもLDRから出されることも無く、そのまんまの服装でずっと付き添ってくれて、結局母の立会いのもと出産ということになりました。
普通マスクしたり、帽子かぶったり、術衣みたいなの着たりするじゃないですか。
そんなのもなんにもなしで…「え、いいの??」なんて後から思いましたが、ま、いいでしょう(^_^;)。
こうして、ちびたくんは私の体の中から外の世界に出てきました。


出産後…おっぱい
LDRから出た後は、小児科の大部屋にて過ごすことに。
もともといらっしゃった小児科や婦人科の患者さんは別の部屋に移ったらしく、しばらく4人部屋に1人。
でもその後続々出産されたママ&赤ちゃんがやってくることになるのだけど(^_^;)。
しばらくは両親と私とちびたくんの4人ですごしていました。
ちびたくんはおっぱいを吸おうと思うのだけど、私のおっぱいはまだ全然出ないー(T_T)。
この病院は母乳育児を推進していると言うことで、おっぱい以外の飲み物は全く飲ませてくれない方針。
3日くらいは体内でもらった栄養があるから赤ちゃんは大丈夫と言うことだけど…。
しばらくはそんなに気にならなかったけれど、時間がたつにつれやっぱりおなかがすいてきたみたいで、よく泣くようになって来ました。
しかも号泣…。
あんた今日生まれたばっかりなの?!ってくらいの声の大きさ。
これは私に似たんだな…。


そのころ竜介さんは
出産直後、母に竜介さんに電話してもらいました。
「もう生まれたから、急いでこなくていいよ。」と…(^_^;)。
今日は出勤日だったので、すぐには出られないとは思っていたけど、待てど暮らせど来ないぞ??
生まれたのが8時36分、昼前くらいには来るのかなと思っていたのに来ないのでメールすると、どーも急いでこなくていいと言ったので普通に仕事していたみたい。
結局竜介さんは昼過ぎて15時くらいだったか?にやってきた。
ちょうどちびた君はビタミンKのシロップを飲ませてもらって、おなかがいっぱいになったのか寝てしまっていたので、睡眠を妨げないように、抱っこもお預け(笑)。
ずいぶん長い間ちびた君は寝てたので、竜介さんが抱っこできたのはもう夜になってから。
初めての抱っこ姿は意外と様になっていて、いいパパになってくれそうな予感がしたよ。
今日はうちに泊まって明日はおばあちゃんが電車で来てくれるということになりました。
そうそう、私の携帯におばあちゃんから「ありがとう。」と涙ながらの留守電が入っていてちょっと感動してしまいました(T_T)。


夜のこと
両親と竜介さんは結局21時くらいまで病室にいてくれました(いいのか?病院?!)。
みんなが帰った後、しばらくは何事も無くよかったのですが、それは消灯後のこと。
ちびたくんが泣き出した…。
ここは4人部屋、もう一人普通分娩で赤ちゃん同室のお母さんと、帝王切開だったのか、赤ちゃんが別室のお母さんが2人。
正直初めての子供で母子同室の相部屋では他の人に迷惑かけそうなので、新生児室に預けられないか聞いたのだけど、基本的に母子同室で、他の方もみんな赤ちゃん産んだばかりだから大丈夫ですよ〜と言われたけれど…。
でも気になるじゃん!!
抱っこしていても泣き止んでくれないので、迷惑かけてもいけないし、一旦部屋を出ることに。
同じ階をだっこしながらフラフラ。
まだ子宮が痛いなあ。
でも立ち止まるとちびたくんが泣いてしまう。
しょうがないので病棟をくるっと1周して誰もいない給湯室のようなところでしばらくユラユラ。
少し落ち着いたようなので、病室に戻りました。
でも少したつとまたちびたくんはウワ〜〜ンと泣き出してしまって…。
オムツが濡れてる訳でもないのになあと思いながらやっぱり抱っこして病室をまた出ておなか痛いのをこらえてフラフラフラフラ。
だんだんそれだけではちびたくんが泣き止まなくなってしまいました。
う〜ん出産同日にこれでは自分がもたん、と早めに判断、ナースステーションに「助けてくださ〜い。」と泣きつきました。
助産師さん&看護婦さんが抱っこしてくれて少し落ち着いたのですが「泣いたらおっぱいあげてください。」とのこと。
おっぱいは夜に作られるらしく赤ちゃんは本能でそれを知っていて、夜になると泣き出すのだそうです。
少ししか出ていなくてもとにかく吸わせてあげてくださいと言われました。
病室に戻っておっぱいを吸わせると、確かに泣きやみました!
口におっぱいを含んでいるんだからなるほど泣き止むわな…。
でも少しおっぱいが出たのか、おっぱいを離しても少し落ち着いたみたい。
とにかく「泣いたらおっぱい」だそうです。
そうそう、まともにオムツの当て方とかも聞いてなかったので、これでいいのか聞いてみました。
母も私もおっかなびっくりで適当な感じだったけれど、いいらしいです。



授乳
11:30(出ない。吸うだけ)
15:30(出ない。吸うだけ)
20:00

便
12:10
13:40
15:00
19:00

嘔吐
19:00

母乳がほとんど出ていなかったせいかよく泣いていました。

スポンサーサイト



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: